So-net無料ブログ作成

えごま油の素朴な疑問・質問 Q&A (10) [健康と食習慣]

最近、いろんな食品メーカーから「DHAとEPA」のサプリメントが次々に発売されています。身体に良いn-3系不飽和脂肪酸は、不足気味な場合は、こうしたサプリメントで採れば充分ではないですか?】(山口県下関市 男性Bさん)


[ひらめき][ひらめき]


青魚に多く含まれる「DHA」や「EPA」ですが、最近はテレビや情報媒体のCMにも多く登場し、食品大手メーカーのサプリメントとして大々的に宣伝をはじめています。

それだけn-3系ないしオメガ3系不飽和脂肪酸の認知度と有用性、及び必要性が認識されだしていることの証左とも言えるでしょう。

その大手メーカーの宣伝によると、四方を海に囲まれた国土をもつ日本人の食生活の代名詞でもあった「魚=さかな」の消費量が年々、しかも若い世代ほど減ってきているのだと言います。

そんな食生活の欧米化に伴う「魚離れ」を心配して、将来の会社の存亡の危機感も加わり、大手水産会社の参入もあって、DHA&EPAのサプリメント市場がにわかに騒がしくなっているようです。


欧米の食生活と比べて、日本では魚食文化が古くより確立されており、生魚(青魚も)を食べる機会も多いことから(お寿司や刺身、焼き魚、煮魚が一般的によく食べられている現状がある)、ことさらに魚食不足による健康上の危機感を言い立てるまでもないとは、正直に思います。



そもそも魚類の脂肪にEPAやDHAなどの不飽和脂肪酸が多い理由は、魚が回遊性で海洋の寒冷な環境にも生息する変温動物であるため、融点の低い不飽和脂肪酸が生体構成油脂として有効だと考えられるからです。イワシ酸やニシン酸といった、その魚に由来する脂肪酸まであり、魚類は多種多様な不飽和脂肪酸を利用しています。

元々魚類はこうした脂肪酸の合成能力はなく、食物連鎖の過程で、海に漂う原生微生物藻類(植物プランクトン)のスピルリナやマイクロアルジェに多く生成含有されていたものを、これを動物性プランクトンが食し、更にそれを小魚が食し、更に中型魚が食し、というように、濃縮備蓄されていった物を魚類がそれぞれの生育環境との関係でうまく活用しているのです。

ヒトは、青魚を食するといった外部から直接EPA&DHAを摂取する以外に、えごま油や亜麻仁など植物の油脂に含まれるα-リノレン酸から、体内の消化分解酵素の力を借りてEPA(エイコサペンタエン酸)→DHA(ドコサヘキサエン酸)へと自前で代謝することができます。

ヒトを含む多くの動物は体内で、自前でα-リノレン酸からEPAもDHAも造り出すことが出来るのです。


サプリメーカーが宣伝文句に使う「現代人のEPA&DHA不足」という事態は、何も「魚離れ」だけが原因ではないのです。極端な言い方になるでしょうが、売らんが為の情報操作やマインドコントロールには乗るべきではありません。


ヒトは出来れば、その成分を多く含む食材や素材から直接、α-リノレン酸やEPA&DHAなども摂食する方が理想的な姿でしょう。

しかし、多忙で偏りがちな食生活を強いられた立場の人にとっては、サプリメントも急場を凌ぐ為の一つの栄養補給の方法ではあります。

ただし、恒常的なサプリメントの摂取は、厚労省・国立健康栄養研究所の[「健康食品」の安全性・有効性情報]等を参照しても、良いことばかりではないのが現状です。やはり、継続的な使用・摂取に際してはメーカーの定める一日当たりの摂取量よりも少なめの量を、摂取回数を加減しながら、身体の状態の変化に充分注意して、問題が認められるようなら摂取を控えて、迅速に専門医に相談するなどを心がけるべきです。

特に短期間での過剰摂取は絶対に避けるべきです。自然素材物からの摂食ではない、サプリメントからの摂食には、必ずリスクが付きまとうものです。このことを忘れてはならないのです。
薬剤とは異なる気楽さや敷居の低さから、サプリメントの多用を招きがちですが、副作用とはいかないまでも、服用における慎重さは自ずと求められます。

サプリメントの多くは、製法・製造工程に触れていない製品説明書も有ります。
魚原料のすり身の濃縮による抽出法だと、水銀、鉛などの含有量によっては有害な重金属も濃縮され成分に含まれる(混入する)ケースも発生します。特に妊婦や子どもには、服用においては注意が必要です。
また、有害な化学的触媒による抽出が行われる場合もあり、不安要素が現出してきます。
EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)という脂肪酸はとても損なわれやすく酸化にも弱い脂肪酸です。粗雑な製造法で効能書の記載を満たさない粗悪な製品も散見されます。
2、3ヶ月の使用で効能が認められないような場合は、サプリメント自体の効果効能を疑う位の慎重さも必要でしょう。



なお、α-リノレン酸たっぷりのえごま油のご紹介サイトは、http://www.sunmother.net/ をご参照下さい。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。